上昇相場で泣いた「ガッカリ企業」ランキング

10~11月に株価が下落した企業はどこか

エアバッグ不具合問題の会見で頭を下げる高田重久会長兼社長(中央)

夏場から急落した日経平均株価は、9月29日に1万6901円の安値をつけて反転上昇。12月1日には2万円を奪回した。今回は、この上昇相場において、株価が下落した銘柄に注目する。

投資には、悪材料が出て株価が下がった銘柄をあえて買い反発を狙う、「逆張り」という手法がある。大きく下げた銘柄は、ひとたび反発に転じれば、大きく上がる可能性も高い。

「落ちてくるナイフはつかむな」

とはいえ、事態が深刻な場合は、まだ下落余地を残しているかもしれない。「落ちてくるナイフはつかむな」という相場格言もあるように、株価が急落中の銘柄に不用意に手を出すと、損が膨らむ可能性もある。リスクがどの程度か、見極めが重要だ。

左表は9月29日の終値を起点とし、11月30日の終値の下落率が大きい順にランキングしたもの。時価総額500億円以上の銘柄に限定した。

ランクインの理由は大別して二つ。不祥事と業績不安だ。下落率が30%を超えた首位のタカタは、エアバッグの不具合問題で米規制当局に制裁金85億円を支払うことになった。集団訴訟リスクも抱えており、悪材料が出尽くしたとは言い切れない。

次ページ横浜傾きマンション関連企業は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT