2月決算「中間進捗率」が高い会社ランキング

あさひは折り返し時点で通期計画をクリア

あさひは従来計画を上回る着地となった。写真は下田佳史社長(撮影:ヒラオカスタジオ)

日経平均株価は、8月の急落から反転上昇。一時の下値不安はかなり和らいだ感がある。

それでも、「金融相場から業績相場へはスイッチしづらい状況」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長)。業績予想の上方修正に踏み切る企業が多い反面、下方修正を行う会社も少なくないからだ。

8月中間期の進捗率が高い企業をランキング

相場全般の方向感がなかなか定まらない局面での株式投資では、収益の堅調な銘柄に資金を振り向けるのが無難だろう。そこで今回は2月期決算企業を対象に、今2015年度の通期会社計画に対する2015年8月中間期(3~8月)の営業利益実績の進捗率を算出。今期予想営業益が5億円超かつ増益見通しという条件で絞り込んだ。

今回紹介するランキングは、その進捗率が高い順に並べたもの。2月期決算会社には流通・小売り関連の企業が多い。

次ページトップ企業の勝因は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT