2月決算「中間進捗率」が高い会社ランキング

あさひは折り返し時点で通期計画をクリア

あさひは従来計画を上回る着地となった。写真は下田佳史社長(撮影:ヒラオカスタジオ)

日経平均株価は、8月の急落から反転上昇。一時の下値不安はかなり和らいだ感がある。

それでも、「金融相場から業績相場へはスイッチしづらい状況」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長)。業績予想の上方修正に踏み切る企業が多い反面、下方修正を行う会社も少なくないからだ。

8月中間期の進捗率が高い企業をランキング

相場全般の方向感がなかなか定まらない局面での株式投資では、収益の堅調な銘柄に資金を振り向けるのが無難だろう。そこで今回は2月期決算企業を対象に、今2015年度の通期会社計画に対する2015年8月中間期(3~8月)の営業利益実績の進捗率を算出。今期予想営業益が5億円超かつ増益見通しという条件で絞り込んだ。

今回紹介するランキングは、その進捗率が高い順に並べたもの。2月期決算会社には流通・小売り関連の企業が多い。

次ページトップ企業の勝因は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。