まだ強い会社が潜む「株価上昇率」ランキング

来期予想から「勝ち組企業」が浮かび上がる

ドラッグストア各社は訪日客の爆買いも業績に追い風だ。16年も爆買いは続くのか? 写真はマツモトキヨシの店内(撮影:尾形文繁)

波乱の相場となっている今となっては懐かしい話だが、2015年の日経平均株価は、夏以降の乱高下相場を経て9.3%の上昇で終えた(大発会と大納会の終値を比較)。アベノミクスが本格スタートした2013年には52.4%上昇したのに対し、2014年は9.7%の上昇。そして2015年は9.3%上昇。2年連続で2ケタに届かなかった。そして2016年に入ってからは大幅な下落に見舞われている。今回の変調は長引きそうだ。

ただ個別に目を転じると勢いのある銘柄は多い。今回、2015年の株価上昇率のランキングを作成した。株式時価総額1000億円以上、来期営業増益予想の銘柄に限定して作成した。

2017年3月期の業績動向が重要に

株価が中長期にわたって上昇している銘柄は、買い方の回転売買が利くので、上昇トレンドが持続する可能性が高い。一時的には利益確定売りで調整することはあっても、短期間で持ち直す復元力がある。

上昇トレンドが続くためには、好業績が続くこと、株価に割高感がないことが重要となる。投資マネーは先を見据えて動くため、これからの時期は、上場企業の多くを占める3月期決算企業の場合、来2017年3月期の動向を意識する必要がある。

次ページ上昇率トップは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT