「幸せ」を工学博士とお坊さんが解明しました

あなたの幸福度が上がるメソッドを大公開

前野隆司(まえのたかし) 1962年山口県生まれ。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、キヤノン入社。カリフォルニア大学バークレー校Visiting Industrial Fellow、慶應義塾大学理工学部専任講師、同助教授、同教授を経て2008年より現職。『幸せのメカニズム―実践・幸福学入門』『脳はなぜ「心」を作ったか』など著著多数。

井上:人間を知るために、そのプロトタイプとしてのロボットをつくる、という機運があったのですか?

前野:そうですね。その頃から始まっていましたね。私は、最初「ツルツル」と「ザラザラ」といった触感の研究をしていたんです。そこから「心地よい」の研究に進み、企業から「安心感や爽快感の研究をしてほしい!」と頼まれるようになりまして。

そうすると、「楽しい」とか「うれしい」の研究へと進み、最終的には「幸せの研究」になったんですね。「心」に深く入っていった結果、「幸せ」になった、という感じです。それで、「誰だって幸せになりたいはずだから幸せの因子を見つけよう」と思い、因子分析(※多変量データから共通因子を探り出す手法)で幸せの構造化を試みたんです。井上さんはなぜ幸せの研究を?

悲嘆緩和のシステムとしての法事

井上:私はお寺の長男として生まれ、寺を継ぐときに「心」を専門にしようと臨床心理学を学ぶため、大学に入り直しました。身近な心理学ということで、「グリーフ(悲嘆)ケア」をテーマに選びまして。

前野:ご遺族の心のケアですね。確かに、お坊さんらしいですね。

井上:一周忌、三回忌、七回忌などの継続的なご供養が遺族側に対して、どのような役割をもたらしているかというのを、因子分析を使って2つの因子を導き出しました。結果は第1因子が「悲嘆緩和と故人を想う」で第2因子が「親族のつながりの強化」でした。グリーフケアに関しては自分の中で結論が出ましたね。われわれがしっかりご供養することで、ご遺族の悲しみは大丈夫だという。

前野:うちの学生にもグリーフケアの研究をしている人がいます。どのように結論を導き出したのですか?

井上:大学の卒論テーマとして檀家さんたちに質問表にお答えいただいたのと、日々の法要で檀家さんを見ていて明らかに変わっていくのを実感しました。法事を悲嘆緩和のシステムとしてみると、新たな一面が明らかになりました。われわれの読経の声には音楽療法のような癒しの効果があり、本堂という空間には本尊を中心とした安らぎの工夫が施されていたのです。また、われわれ僧侶の説法にも心理教育的な効果があると明らかになりました。

法事には、先人からのグリーフケアの知恵がちりばめられていたのです。エビデンス(根拠)を得たこの研究によって、自分の中で「法事は悲しみを癒す」という信念が生まれました。そして、その信念を私が持つか持たないかによって、法事の意味合いが変わってきますね。ピグマリオン効果の一種かもしれませんが。

次ページ洗い出された4つの因子
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT