30代からを左右する「恥をしのんで聞く力」

素直ということの利点はどんどん増していく

導いてくれる「コーチ」は、実はあなたの近くにいるかもしれません(写真 : KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

昨年より短いお休みの方も多かったようですが、みなさまどう過ごされたでしょうか? 私の方は……昨年の初回の記事を読み返してみたところ、今年も同じように過ごしていてわれながら呆れています。今現在、お正月にネットのセールで買ったモノが続々と届き、「やせたら着よう」とため息をつきながら段ボールを片付けております。昨年買ってまだ着ていないのもまだクローゼットにあるのに(笑)。

何はともあれ、本年もみなさまと一緒に悩み、共にうんうんうなって考える、そんな連載にしたいと思っております。ほんの少しでもお役に立てますように。どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

さて、新年第1回目の今回は、昨年と同様、私がこの頃感じていることについて、少し書かせていただこうと思います。

苦しいとき、必ず誰かの言葉で救われいる

この連載の過去記事はこちら

このところ、若いビジネスウーマンが対象の講演会でお話しする機会が増えてきました。「キャリアをシェアして欲しい」というオーダーもよくあります。対象者の方たちと同じ世代だった頃の私が、いかにへっぽこだったか、いろいろな「やらかしエピソード」を共有しながら、どうやってなんとか辞めずに働き続けてきたかのTIPSをお話したりしています。

自分のこれまでのビジネスマン人生を時系列で振り返る、というのは、会社員として仕事をしている時は研修の時くらいしかありませんでしたが、今となってはその経験でごはんを食べているわけなので、どんなに恥ずかしい思い出でもやるしかありません。

そうやって振り返りをしてみると、私は本当に苦しいときや悶々としているときに、必ず誰かからの言葉に救われているということにあらためて気づかされます。

次ページ多くの人たちからの言葉が原動力になった
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。