30代からを左右する「恥をしのんで聞く力」

素直ということの利点はどんどん増していく

導いてくれる「コーチ」は、実はあなたの近くにいるかもしれません(写真 : KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

昨年より短いお休みの方も多かったようですが、みなさまどう過ごされたでしょうか? 私の方は……昨年の初回の記事を読み返してみたところ、今年も同じように過ごしていてわれながら呆れています。今現在、お正月にネットのセールで買ったモノが続々と届き、「やせたら着よう」とため息をつきながら段ボールを片付けております。昨年買ってまだ着ていないのもまだクローゼットにあるのに(笑)。

何はともあれ、本年もみなさまと一緒に悩み、共にうんうんうなって考える、そんな連載にしたいと思っております。ほんの少しでもお役に立てますように。どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

さて、新年第1回目の今回は、昨年と同様、私がこの頃感じていることについて、少し書かせていただこうと思います。

苦しいとき、必ず誰かの言葉で救われいる

この連載の過去記事はこちら

このところ、若いビジネスウーマンが対象の講演会でお話しする機会が増えてきました。「キャリアをシェアして欲しい」というオーダーもよくあります。対象者の方たちと同じ世代だった頃の私が、いかにへっぽこだったか、いろいろな「やらかしエピソード」を共有しながら、どうやってなんとか辞めずに働き続けてきたかのTIPSをお話したりしています。

自分のこれまでのビジネスマン人生を時系列で振り返る、というのは、会社員として仕事をしている時は研修の時くらいしかありませんでしたが、今となってはその経験でごはんを食べているわけなので、どんなに恥ずかしい思い出でもやるしかありません。

そうやって振り返りをしてみると、私は本当に苦しいときや悶々としているときに、必ず誰かからの言葉に救われているということにあらためて気づかされます。

次ページ多くの人たちからの言葉が原動力になった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT