30代からを左右する「恥をしのんで聞く力」

素直ということの利点はどんどん増していく

導いてくれる「コーチ」は、実はあなたの近くにいるかもしれません(写真 : KAORU / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

すっかり遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

昨年より短いお休みの方も多かったようですが、みなさまどう過ごされたでしょうか? 私の方は……昨年の初回の記事を読み返してみたところ、今年も同じように過ごしていてわれながら呆れています。今現在、お正月にネットのセールで買ったモノが続々と届き、「やせたら着よう」とため息をつきながら段ボールを片付けております。昨年買ってまだ着ていないのもまだクローゼットにあるのに(笑)。

何はともあれ、本年もみなさまと一緒に悩み、共にうんうんうなって考える、そんな連載にしたいと思っております。ほんの少しでもお役に立てますように。どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

さて、新年第1回目の今回は、昨年と同様、私がこの頃感じていることについて、少し書かせていただこうと思います。

苦しいとき、必ず誰かの言葉で救われいる

この連載の過去記事はこちら

このところ、若いビジネスウーマンが対象の講演会でお話しする機会が増えてきました。「キャリアをシェアして欲しい」というオーダーもよくあります。対象者の方たちと同じ世代だった頃の私が、いかにへっぽこだったか、いろいろな「やらかしエピソード」を共有しながら、どうやってなんとか辞めずに働き続けてきたかのTIPSをお話したりしています。

自分のこれまでのビジネスマン人生を時系列で振り返る、というのは、会社員として仕事をしている時は研修の時くらいしかありませんでしたが、今となってはその経験でごはんを食べているわけなので、どんなに恥ずかしい思い出でもやるしかありません。

そうやって振り返りをしてみると、私は本当に苦しいときや悶々としているときに、必ず誰かからの言葉に救われているということにあらためて気づかされます。

次ページ多くの人たちからの言葉が原動力になった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?