エレーヌ・フォックス(Elaine Fox)
オックスフォード大学感情神経科学センター教授

心理学者、神経科学者。なぜ逆境に強く前向きな人と、後ろ向きで打たれ弱い人がいるのかという疑問を、脳科学と遺伝子工学のアプローチから研究する。教授としてオックスフォード大学・感情神経科学センターを率いる。心理学と神経科学を組み合わせて脳と感情の関係に迫り、セロトニン運搬遺伝子が楽観的な性格を生むという論文はセンセーションを巻き起こした。『ネイチャー』『サイエンス』や『エコノミスト』まで含む一流誌に数多く寄稿。これまでの研究を一般にわかりやすく解説した著書『脳科学は人格を変えられるか?』が日英でベストセラーになる。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。