人間は「思い込み」だけでも死んでしまう!

NHK「白熱教室」で語られる最先端科学

第1講は、NHK Eテレで、7月24日(金)23時から放送予定
NHK白熱教室と言えば、サンデル教授を始めこれまで数々の最先端講義を日本の視聴者に届けてきた人気番組だ。放送のたびに、熱心な視聴者は、ウエブ上でまとめサイトをつくり情報交換をするなど、ビジネスパーソンが仕事の武器とするために積極的に利用している番組。7月24日(金)から始まる「心と脳の白熱教室」のレクチャラーエレーヌ・フォックス教授が、番組放送に先だってその回ごとのポイントをわかりやすく伝える全4回の予習シリーズ第1弾は、「恐怖のメカニズム」。

 

NHKの「心と脳の白熱教室」の講義は、オックスフォード大学にある美しいマグダレンカレッジの劇場で行われました。オックスフォードの学生のみならず一般の人々にも公開された全4回の講義では、私の専門である脳科学の最新の知見を一緒に学ぶことになります。第1回のポイントは、「思い込みと恐怖」についてです。

まずは「思い込み」。みなさんは「思い込み」によって人は健康にも不健康にもなり、時には何の病気にもなっていないのに死んでしまうことがあると聞いたら信じますか? 実は、この「思いこみ」が病気を引き起こすことがあるというのは、心の科学の分野では、すでに共通の認識でもあるのです。

がんで死んだ患者はがんではなかった

2005年にクリフトン・メドア博士が科学誌に発表した論文では、多くの臨床例を基に、この問題を重点的に取り扱っています。そこには末期の肝臓がんと診断され、余命数カ月と宣告された患者の例が報告されています。

その患者は、告知後、がっくりと気落ちし、みるみる体力を失い、告知された余命すらまっとうできず死にました。しかし、驚いたのはその死後のことです。実は医師の診断が間違っていたことがわかったのです。患者はがんなどにはかかっていませんでした。彼は「自分はがんで死ぬ」と信じたせいで死ぬことになってしまうのです。

次ページ強烈な「思い込みバイアス」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT