人間はダメだと思った瞬間からが勝負の時だ

森川亮と奥田浩美が「仕事の流儀」を語る

奥田浩美さん(左)と森川亮さん(撮影:平山諭)
LINE株式会社CEOを退任し、動画ファッションマガジン「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮さん。5月末に出版された初の著書となる『シンプルに考える』では、常識にとらわれない森川さん流「仕事の流儀」が述べられ、話題となっています。
これまで延べ動員数10万人以上、数億円規模のIT業界イベントを成功に導き、数々のスタートアップ企業の隆盛を見守ってきた奥田浩美さんとの対談を通じて、「新規事業」に携われる人の条件やヒントを語っていただきました。

新規事業のターゲットや企画はどう考える?

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です

奥田:4月に立ち上げた「C CHANNEL」は、10~20代の女性をターゲットとしていますね。森川さんが若い女性向けに動画メディアを作ったのは、これまでの事業の延長線上にあった構想なのでしょうか?

森川:今回のメディア事業は今までないものをやるか、これまでの延長線上のものをやるかどちらかしかないと思っていました。LINE事業の経験として、男性向けのメディアとなるとオタク向けかニュース系しかない。でも、モバイルは若い女性をターゲットとした新たな事業のほうが、パイが広がるイメージがあったんです。

奥田:うちの娘が高校1年生なのですが、動画にはすごく興味を持っています。ただ、男性のオタク色が濃すぎたり、CMから見せられることに萎えたりするんだとか。その点、「C CHANNEL」は若い女性がターゲットだから親近感を持っているようです。動画コンテンツの縦型サイズが、彼女たちがいつも手にしているスマートフォンの形状なのもすごいと思いました。

森川:スマートフォンは縦にどんどん見ていきますからね。PCは検索がメインでしたが、モバイルは検索が面倒なので、気になる情報が自然に届けられたらいいなと考えていました。「C CHANNEL」はザッピングするのに適したメディアを目指しています。

奥田:女性が縦に自撮りすることも意識されてるのでしょうか?

森川:はい、女性が美しく撮れることを意識していますね。フィルタにこだわりがある人も多いようなので、フィルタなどの編集のアプリも作ってます。

奥田:これらの企画はどのくらいの期間で考えたのですか?

次ページ森川さんが重要視していること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT