日本人が知らない中国ユニコーン企業の強烈な力

共産党独裁体制で生まれたエコシステムの正体

ユニコーン企業が誕生するためには、優秀な人材と豊富な資金が必要だ。それらが有機的にうまく結びつく必要がある。

アメリカ・カリフォルニア州のシリコンバレーは、このための条件を満たしていた。

ここには、スタンフォード大学を核として、IT関連の高度専門家が集まっていた。そして、ベンチャーキャピタルが存在した。

これらがうまく結びつくことによって多数のスタートアップ企業が生まれ、IT革命を実現した。

こうした環境は、しばしば「スタートアップ・エコシステム」と呼ばれる。

日本でユニコーン企業が生まれにくいのは、このようなエコシステムが日本経済には形成されていないからだ。

ところが、中国では、それが形成された。中国でユニコーン企業が多い基本的な理由は、ここにある。

大学に優秀な人材、海外留学からの帰国組も活躍

まず、清華大学や北京大学をはじめとする大学に、優秀な人材が集積している。

さらに、「海亀族」と呼ばれる海外留学からの帰国者がいる。

2001年には1.2万人程度だったが、2010年には13.5万人、2016年には43万人にまで増加した。

彼らの活躍によって中国が発展し、待遇が向上するので、吸引力がさらに強まる。こうした好循環が起きている。

彼らの留学先の多くはアメリカの大学だ。その意味では、中国フィンテック企業の産みの親はアメリカだとも言える。

また、中国のスタートアップ企業には、豊富な資金が流れ込んでいる。アクセンチュアの調査によると、2018年のフィンテックベンチャー企業への投資額は、全世界で前年比2倍以上の553億ドル(約5.8兆円)に達した。そのうち、中国における投資額が前年比約9倍の255億ドル(約2.8兆円)となり、フィンテック投資総額のうち46%を中国が占めた。

なお、中国におけるフィンテック投資額の半分以上は、アント・フィナンシャルが5月に140億ドル(約1.5兆円)の資金を調達したことによる。

次ページ共産党独裁体制による腐敗が生じていない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT