日本人が知らない中国ユニコーン企業の強烈な力

共産党独裁体制で生まれたエコシステムの正体

アメリカと中国におけるトップ5のユニコーン企業は、図表に示すとおりだ。

(外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

いずれも、日本でもかなり知られている。

なかでも注目は、中国第1位の「字節跳動(バイトダンス)」だ。2012年に設立された。

TikTokが世界100カ国以上で受け入れられる理由

同社が提供する動画アプリTikTok(テックトック)は、全世界の10~20代の若者に熱狂的に支持され、世界100カ国以上でサービスを展開している。

中国国内では1日のユーザー数が6億人を超えており、中国のネットユーザーのほぼ半数が毎日利用している。アメリカの若者の間でも人気で、利用者も1億人超と巨大なサービスだ。

TikTokが受け入れられる背景には、高度な技術がある。AIの機械学習を用いて、ユーザーが最も興味を持っているコンテンツを提供するのだ。

バイトダンスの時価総額は、950億ドル(約10兆円)。これは、トヨタ自動車の時価総額約29兆円の3分の1を超える。

なお、先の図表にはアント・フィナンシャル(螞蟻金服)が入っていない。

これは、電子マネー・アリペイを運営するアリババ集団傘下の金融会社だ。

2020年秋に上場が予定され、その企業価値は約1500億ドル(約16兆円)程度といわれた。

これは、アメリカ・シティグループ(約11.5兆円)の時価総額を超え、三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の3メガ銀行の時価総額の合計(13.3兆円)を上回るものだ。

設立されたのはわずか6年前なのに、世界最大級の金融機関となっているのだ。

アントの企業価値がこのように巨額になった基本的な理由は、金融の新しいビジネスモデルを開発したことだ。

とくに重要なのが信用スコアリングだ。取引データから人工知能(AI)が信用力を評価し、最適な条件で融資する。

なお、アントの上場は、間際になって中国政府の圧力で延期された。いまに至るまで、見通しがついていない。

中国には、人工知能(AI)の分野でも、多くのユニコーンがある。よく知られるのは次の企業だ。Megvii(曠視科技(メグビー・テクノロジー)、センスタイム(Sensetime)、Deepblue Tech(深蘭科技)。

次ページ日本にはない「スタートアップ・エコシステム」が中国に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT