松下幸之助は経営を「学べる」と考えなかった

経営学は学べても、経営は学べない

PHPの理念に即しているか、雑誌や単行本をいつも自分で確認していた(写真:_human / PIXTA)

松下幸之助は、PHP研究所のPHP活動(Peace and Happiness through Prosperity、繁栄によって平和と幸福を)が基本理念から外れていないか、年々増大する雑誌、単行本を一点一点いつも自分で確認した。

雑誌はまず表紙を見て、目次を見る、そして適当に開いたところを読む。どこを読むのかはそのとき次第であるから、前もって手を打っておくことはできない。いくつかの掲載文を読んでは、よし、PHPの理念に即しているというような様子で頷きながら、「ええやないか」と言うのが常であった。

雑誌に掲載される広告にも関心

この連載の過去記事はこちら

月刊誌「Voice」の広告にも強い関心を持っていた。広告を出していただいた会社を、ページをめくりながら一つひとつ確認しては、ここは先月も出してくれておったな、ここは初めてやないか、というようなことを話かけてくることもあった。よく覚えているものだと内心感心することが多かった。

単行本も同じような確認の仕方であったが、表紙、目次を見てから、著者がどういう人なのかをよく尋ねられた。それから、私はその本の前書きと後書きを読まされ、最初の数ページを読まされた。PHPの考え方から大きく逸脱していないか、矛盾していないか、確認していたのである。

私が経営者として担当しはじめのころは、雑誌が二点ほど、書籍の発刊点数もわずかであったから、松下の確認もそんなに時間はかからなかった。しかし、だんだんと点数が多くなってくると、書籍は適当に間引いて報告するようになっていった。松下のPHPに対する基本の考え方はよく理解しているつもりであったから、内心任せてくれればいいという思いがあった。

次ページ報告がなかったことに激怒
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。