松下幸之助は経営を「学べる」と考えなかった

経営学は学べても、経営は学べない

PHPの理念に即しているか、雑誌や単行本をいつも自分で確認していた(写真:_human / PIXTA)

松下幸之助は、PHP研究所のPHP活動(Peace and Happiness through Prosperity、繁栄によって平和と幸福を)が基本理念から外れていないか、年々増大する雑誌、単行本を一点一点いつも自分で確認した。

雑誌はまず表紙を見て、目次を見る、そして適当に開いたところを読む。どこを読むのかはそのとき次第であるから、前もって手を打っておくことはできない。いくつかの掲載文を読んでは、よし、PHPの理念に即しているというような様子で頷きながら、「ええやないか」と言うのが常であった。

雑誌に掲載される広告にも関心

この連載の過去記事はこちら

月刊誌「Voice」の広告にも強い関心を持っていた。広告を出していただいた会社を、ページをめくりながら一つひとつ確認しては、ここは先月も出してくれておったな、ここは初めてやないか、というようなことを話かけてくることもあった。よく覚えているものだと内心感心することが多かった。

単行本も同じような確認の仕方であったが、表紙、目次を見てから、著者がどういう人なのかをよく尋ねられた。それから、私はその本の前書きと後書きを読まされ、最初の数ページを読まされた。PHPの考え方から大きく逸脱していないか、矛盾していないか、確認していたのである。

私が経営者として担当しはじめのころは、雑誌が二点ほど、書籍の発刊点数もわずかであったから、松下の確認もそんなに時間はかからなかった。しかし、だんだんと点数が多くなってくると、書籍は適当に間引いて報告するようになっていった。松下のPHPに対する基本の考え方はよく理解しているつもりであったから、内心任せてくれればいいという思いがあった。

次ページ報告がなかったことに激怒
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT