松下幸之助は発明王エジソンを尊敬していた

働かなければ遊ぶこともできない

遊びと仕事、どちらが大事か(写真 : brendel / PIXTA)

ある若手の経営者が松下幸之助のもとに話をしに来たときのことである。

その人が熱心に、日本人は働きすぎる、今まではそれでもよかったけれど、これからもあまり働いていると、世界中から批判されるようになる。だから、できるだけ遊ぶように心掛けるべきだ、というような話をしたらしい。

その客が帰ったあと、松下は次のように私に語った。

働かなければ遊ぶこともできない

この連載の過去記事はこちら

「あんたも遊ばないとあきませんよ、趣味はなんだすか、と聞かれた。趣味といっても、わしにはこれといって何もないわな。仕方ないから、趣味は仕事ですなあと答えたんや。そしたら、人間は人生を楽しむために生まれてきたんやから、そのために仕事をやっておるんだから、仕事ばかりということはいけません、と。そんなことを話して帰っていったわ。

そういう考え方にも一理あるな。けど、遊ぶことが大事で、働くことは二の次だという言い方は、どんなもんやろうかな。やはり、まず働くことの大切さを考えておかんといかんな。働くことが先でないと、おカネもないから、きみ、遊ぶこともできんやないか」

趣味に生きるのだという人ならば、遊びが先でもいい。しかし、成功を目指すというのならば、まず働いて、次に蓄えて、それから遊ぶ。それが考え方の順番である。ほかの方法などあるわけがない。

次ページ誰が「遊びが大切」と言っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT