松下幸之助は発明王エジソンを尊敬していた

働かなければ遊ぶこともできない

遊びと仕事、どちらが大事か(写真 : brendel / PIXTA)

ある若手の経営者が松下幸之助のもとに話をしに来たときのことである。

その人が熱心に、日本人は働きすぎる、今まではそれでもよかったけれど、これからもあまり働いていると、世界中から批判されるようになる。だから、できるだけ遊ぶように心掛けるべきだ、というような話をしたらしい。

その客が帰ったあと、松下は次のように私に語った。

働かなければ遊ぶこともできない

この連載の過去記事はこちら

「あんたも遊ばないとあきませんよ、趣味はなんだすか、と聞かれた。趣味といっても、わしにはこれといって何もないわな。仕方ないから、趣味は仕事ですなあと答えたんや。そしたら、人間は人生を楽しむために生まれてきたんやから、そのために仕事をやっておるんだから、仕事ばかりということはいけません、と。そんなことを話して帰っていったわ。

そういう考え方にも一理あるな。けど、遊ぶことが大事で、働くことは二の次だという言い方は、どんなもんやろうかな。やはり、まず働くことの大切さを考えておかんといかんな。働くことが先でないと、おカネもないから、きみ、遊ぶこともできんやないか」

趣味に生きるのだという人ならば、遊びが先でもいい。しかし、成功を目指すというのならば、まず働いて、次に蓄えて、それから遊ぶ。それが考え方の順番である。ほかの方法などあるわけがない。

次ページ誰が「遊びが大切」と言っているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東大 京大 合格者ランキング<br>平成31回の入試で浮かぶ名門校

平成の31年間に東大、京大の合格者を多く出した学校はどこか。東大王者は不動の開成だったが、京大トップは洛星、洛南、西大和に北野と近年は激戦。ゼロから名門校にのし上がった学校も。勢力図の変遷が透ける各200校リストをご覧あれ。