「中の人」が明かす鉄道フェスティバルの裏側

ファンを喜ばせる鉄道員の汗と涙の物語

10月に日比谷公園内で開催された国内最大級の鉄道イベント「鉄道フェスティバル2015」

2015年9月上旬のある日――。新宿の某ビル内の会議室に20人近いメンバーが集まっていた。その集団はそれぞれ違う名札を胸元に付け、ときに激しい意見の応酬も起こっていた。

参加しているメンバーの社章は鉄道ファンが見れば、どこの鉄道会社の社章かがすぐわかるに違いない。社章の種類は9つ、と説明すればピンと来る方も多いだろう。メンバーは関東の私鉄と地下鉄の社員たちだ。

メンバーたちはイベント企画などについて定期的に話し合う連絡会を実施している。その思いは1つ。「他社の鉄道であっても、鉄道に乗るということは、結果として交流人口が増えることになる」という理念である。

この会合に各社が馳せ参じるのには、もう一つ理由がある。それは、会議とは別に交わされる各社の「最新情報」だ。「最近の沿線の子どもたちのトレンドは?」「ウォークラリーで求められるポイントは?」など、過去のイベントでの成功や失敗を聞き出していく。鉄道会社ならではの悩みや苦労も分かち合いながら、貴重な情報共有が行われるターミナルなのだ。

人気ナンバーワンは「カレンダー」

この日は、鉄道会社の営業担当にとってビッグイベントとなる「鉄道の日(10月14日)」の取り組みも話題に上った。そして、各社が集う10月10~11日の日比谷公園「鉄道フェスティバル」で、再会を約束した。

毎年、日比谷公園で行われる鉄道フェスティバルは、2015年で22回目を数える。鉄道が国民に広く愛され、その役割についての理解と関心がより深まることを願い、「鉄道の日」実行委員会が主催するもので、昨年は2日間開催して約14万人が参加した、国内最大級の鉄道イベントだ。JRグループ全社をはじめ、私鉄や公営、第3セクターや、関係企業・団体など計約70社が日比谷公園に結集する。

次ページ10時のスタート前には行列ができる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT