男性鉄道ファンの「女子鉄」扱いに異議あり!

女性というだけで、ひとまとめにしないで

鉄道趣味の女性の中にも「乗り鉄」や「撮り鉄」など、いろいろいるにもかかわらず、なぜか「女子鉄」でひとくくりにされてしまう(写真と本文は関係ありません)。

撮り鉄といえば、撮影がメインの鉄道趣味だし、乗り鉄、模型鉄は、字面どおり、乗るのが趣味、鉄道模型が趣味ということである。そんな○○鉄の中に、ちょっとほかとは様子の異なるものがある。それは女子鉄である。「鉄道の好きな女性」を差す言葉だ。

ほかの○○鉄という単語が、「○○がメインの鉄道趣味」と解釈できるのに対して、女子鉄にはこの仕組みが応用できない。「女性を追いかけるのがメインの鉄道趣味です!」と言ったら、それはただの変質者だ。

女性というだけで「ひとくくり」にされる

この連載の過去記事はこちら

世間ではしきりに男女平等が叫ばれ続けている。仕事に関して言うと、私の実感では、業務における性差はほとんどない気がする。むしろ、鉄道趣味に根強い性差を感じてしまう。

元来、鉄道趣味は男性が主流であると言われている。「男性が主流」という先入観から、関心があってもその世界に飛び込めない女性がおり、結果として男性ばかりがこの趣味に身を投じているという、不幸な循環も多分にあるだろう。

私は大学時代、鉄道研究会に所属していた。卒業後はOB・OG会に所属しているが、80年以上の歴史を誇る数百人規模の団体であるにもかかわらず、女性の先輩は2人しかいない。諸先輩方に話を伺うと、鉄道研究会に入りたい女性がいても、どうしたらいいのかわからずお断りしていた時期もあったとのことである。

話を元に戻す。鉄道が趣味ではない人にとっては「鉄道」でひとくくりにされる鉄道趣味も、枝葉は細かくわかれている。もちろん、異なる鉄道趣味間を行き来する人のほうが多いだろうが、趣味対象に重なりがなければ、会話がうまくかみ合わないこともある。

前述のOB・OG会の懇親会に参加した際に、大先輩から「君の好きな機関車は何かな?」と聞かれたので「EF81(電気機関車の形式)が好きです!」と答えたところ、実はその方の質問の意図は「君の好きな蒸気機関車は何かな?」というものだったといった、いわゆる世代による趣味の違いを感じたこともある。それ以外にも、地域別、会社別に細かく分かれているので、なかなか「ぴったり同じ鉄道趣味の人」に出会えなかったりする。

次ページ男性にモテたいから「女子鉄」だって!?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT