北陸新幹線「ウフフCM」はこうして生まれた

「バザールでござーる」の水口氏起用の舞台裏

JR東日本が北陸新幹線の開業に合わせて作成したキャンペーンのポスター

北陸新幹線の車両が「ウフフ」と笑っている。こんなポスターを駅で見たことがある人は多いのではないか。JR東日本による北陸新幹線開業キャンペーンのイラストである。

CMでは「ウフフ」新幹線が画面いっぱいに走り回り、そこへカニ、メガネ、手鞠といった北陸3県の特産品や観光名所が乱舞する。楽しげな音楽と合わせて、一度見たら忘れられないCMだ。

笑顔の新幹線という“キャラクター”は乗客の間でも評判になっている。キャンペーン期間中、JR東日本の運転士や駅係員は「ウフフ」のワッペンを制服の胸に着用していたが、子供たちから「ワッペンください」とせがまれる駅員が続出したという。

なぜアニメーションになったのか

同社運行エリアにおける新幹線開業は、2010年12月の東北新幹線・新青森駅の開業以来、4年3カ月ぶり。そのときのCMは、俳優の三浦春馬さんを起用した実写だった。なぜ今回はアニメーションになったのか。

JR東日本によれば、広告を担当する電通が当初はタレントを使った実写を提案したという。ただ一方で、女優の杏さんを起用した「Japanese Beauty Hokuriku」という北陸エリアの旅行キャンペーンを先行して実施することが決まっていた。

「両方のキャンペーンが実写で、それぞれが違うタレントを使うのは重複感がある。だったらガラリと変えましょうと、電通さんからあらためて提案があった」と、JR東日本・鉄道事業本部宣伝グループリーダーの三浦博信氏は明かす。

次ページなぜ「ウフフ」になったのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT