トリプルアクセルとの「幸福な決別」が示す道

全日本での失敗は浅田真央の分岐点になった

それだけではなく――。「大人」という抽象表現と柔らかい口調でおぼろげに理解されないかもしれないが、これは以前の自分との、そしてアクセルとの決別宣言ともとれる。「もう私はアクセルだけにこだわらない」、そんな覚悟が透けて見えた。

では実際にふたを開けてみるとどうだったのか。事情は少し違った。やはり自分だけの武器だった大技とのつながりは深く、深く。長年連れ添った伴侶のように簡単に別れられるものではなかった。復帰戦となったジャパン・オープンから次戦の中国杯までの3回の演技機会で3回とも成功させたまでは、その存在が大きくなることはなかった。決めたことで自ら語った「大人の滑り」を体現するにあたっての一要素として済んでいた。

試合の歯車を狂わせるアクセルの失敗

状況が変わってきたのは続くNHK杯から。ショートプログラム(SP)で今季初の転倒をすると、課題とする3回転ルッツにもミスが出た。直後のコメントは「中国杯のようにアクセルを決めると気持ちも乗ってくるというのが一つあって」。翌日のフリーでは2回転半になり、後続のジャンプにも立て続けに乱れが生じた。直後のコメントは「気持ちと動きが一致してない。ちぐはぐしていたなという思いがありました」。

狂い始めた歯車は、続くグランプリファイナルで決定的となった。SPではアクセルに成功したが、フリーでは再び暗転。着氷が回転不足で乱れると、片手をついてこらえるのが精いっぱい。以降も不安定な跳躍を並べ、「自分のタイミングとリズムと気持ちがあってない。全部失敗したくないという気持ちが強すぎるのかな」。「空回りしている」と混迷を極めた。

NHK杯も踏まえて佐藤信夫コーチが言ったのは「やはりアクセルに引きずられる部分はあるのだと思う」。少なからず本人も再確認していたであろうアクセルとの密接な関係性が、浅田は大丈夫かと思わせた2試合の低迷を象徴していた。

迎えた全日本選手権。SPでは軸が傾き、回転不足で足元が乱れて大きく減点された。2戦続いた流れはここでも。「うまくいかない試合が重なると、良いイメージに持っていくのが難しい」という悪循環に苦しむ心理を本人が吐露したことで、「大丈夫か」の声はさらに大きさを増した。そんな周囲の目があるなかで臨んだのが、冒頭に記したフリーだった。

不振を象徴するような大きな転倒。流れは最悪に一層近づいていくような失敗にあって、いよいよ浅田の心境は変わっていた。

「悔いはないな」

その瞬時の割り切りが、それまでの試合とは一変する「それ以降」の合図だった。直後の連続3回転ジャンプこそ単発になったが、以降は鋭く、鮮やかにジャンプを決めていく。

「ジャンプ以外もいまできる精いっぱいを滑れた。今シーズンいちばんのフリー」だったと、そう言い切れる自分がいた。それは確かに、これまで見たことがない浅田真央だった。

次ページまだやりきっていない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT