東京電力・再生への条件、1兆円投入で国有化

東京電力・再生への条件、1兆円投入で国有化

「このコスト削減策はもっと深掘りできないか」

5月に「総合特別事業計画」を発表した東京電力では目下、その実現に向けた具体策の取りまとめが急ピッチで進んでいる。同社は来春、火力・燃料部門、送配電部門、小売り部門をカンパニー化し、各部門の収益目標などを含めた中期経営計画を発表予定。今年9月には素案を示すもようだ。

計画を練る経営改革本部会議の事務局には東電と大株主となった原子力損害賠償支援機構(以下、機構)から40代の職員が集結。機構出身の島田隆執行役を筆頭に、かつて東電の議決権をめぐり争った“敵”同士が侃々諤々(かんかんがくがく)の議論を繰り広げている。

料金値上げでつまずき

事業計画発表以降、東電の置かれた立場は大きく変わった。6月末に委員会設置会社へ移行し、内部昇格の廣瀬直己氏が社長に就いたほか、東電の監視機関である機構の運営委員長を務めていた弁護士の下河辺和彦氏が会長に就任。外部取締役を含め、経営陣は刷新された。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT