平和・PGM連合が繰り出す資本増強策とは

子会社優先株なら希薄化せず開示も不要!?

 

現在の会社法では、子会社の少数株主は、親会社による彼ら少数株主への利益侵害に対し、親会社を訴えることも、行為自体を差し止めることもできない。子会社役員の責任追及が精いっぱいだ。現在作業が進められている会社法の改正案でも、最終段階で子会社少数株主の権利保護条項は経済界の反対でまるまる削除されてしまったから、会社法改正後もこの状況は変わらない。

開示がなされ、知ったところで少数株主に打つ手はないといえばそれまでだが、それでも開示は一定の抑止力を持つ。今回の東証の判断がどういう影響を及ぼすのかは注視していく必要があるだろう。

◆PGMホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

 

(ジャーナリスト・伊藤歩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。