アコーディアは週明けにも強力な対抗策か

PGMの買収提案に「留保」

TOB(株式公開買い付け)に対する意見表明は、ひとまず「留保」――。

ゴルフ場運営最大手のアコーディア・ゴルフは11月30日、同業2位であるPGMから、事前協議なしで仕掛けられたTOBに対する意見表明を発表した。

週明け12月初めには何らかの対抗策か

アコーディアの発表によれば、同社取締役会は現時点で、PGMからのTOBに対する意見表明を留保するものの、「株主の利益を最大化するため」に、TOBやその代替策に関して情報収集や検討等を行い、速やかに取締役会として意見表明をする、としている。同社IR担当者は「近いうちに意見表明する」とも説明。週明けの12月第1週には、TOBに対する何らかの対抗策が出てくる可能性が高い、と東洋経済では見ている。

PGMがアコーディアに対するTOBを発表したのは11月15日の株式市場が閉まった午後3時過ぎで、買い付け期間は翌11月16日から来年2013年1月17日まで。アコーディア側にはTOBの発表から10営業日以内に意見表明することが求められており、最終日に当たる30日には何らかの発表がアコーディアからなされると見られていた。ただ、有効なTOB対抗策を打ち出すにはやや時間不足の面もあり、いったん「留保」という表明になったもようだ。

次ページTOB成立の可能性は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。