アコーディアは週明けにも強力な対抗策か

PGMの買収提案に「留保」

TOB(株式公開買い付け)に対する意見表明は、ひとまず「留保」――。

ゴルフ場運営最大手のアコーディア・ゴルフは11月30日、同業2位であるPGMから、事前協議なしで仕掛けられたTOBに対する意見表明を発表した。

週明け12月初めには何らかの対抗策か

アコーディアの発表によれば、同社取締役会は現時点で、PGMからのTOBに対する意見表明を留保するものの、「株主の利益を最大化するため」に、TOBやその代替策に関して情報収集や検討等を行い、速やかに取締役会として意見表明をする、としている。同社IR担当者は「近いうちに意見表明する」とも説明。週明けの12月第1週には、TOBに対する何らかの対抗策が出てくる可能性が高い、と東洋経済では見ている。

PGMがアコーディアに対するTOBを発表したのは11月15日の株式市場が閉まった午後3時過ぎで、買い付け期間は翌11月16日から来年2013年1月17日まで。アコーディア側にはTOBの発表から10営業日以内に意見表明することが求められており、最終日に当たる30日には何らかの発表がアコーディアからなされると見られていた。ただ、有効なTOB対抗策を打ち出すにはやや時間不足の面もあり、いったん「留保」という表明になったもようだ。

次ページTOB成立の可能性は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT