平和はPGMのアコーディア買収を支援

純有利子負債が2.8倍に

ゴルフ場運営大手、PGMホールディングスが同業最大手のアコーディア・ゴルフに対してTOB(株式公開買い付け)を行うことで、親会社である平和(パチンコ・パチスロ機器大手)の業績や財務状況にも一定のインパクトを与えそうだ。

有利子負債膨らむが財務健全性は確保

TOBによる買い付け予定株数としては、下限が20万9224株で発行済み株式数の20.00%(応募株数がこれに満たない場合は全部を買い付けない)、上限は52万4105株で同じく50.10%(これを超えた場合は按分比例で買い付ける)を設定している。

PGMが決めた買い付け価格は、アコーディア株の15日終値5万3200円に対し、プレミアムを50%強も上乗せした8万1000円。下限の20.00%買い付けた場合で169億円、上限の50.10%買い付けた場合で424億円の買収資金が必要となる。

PGMの神田有宏社長は、11月15日に都内で開かれたTOBに関する記者会見の場で、「PGMの自己資金と親会社・平和からの融資でまかなう」と説明。PGMの自己資金としては80億円が想定されており、平和からの融資は、20.00%買い付けの場合で90億円前後、50.10%買い付けの場合で340億円程度になる。

次ページPGM連結が業績寄与
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT