平和はPGMのアコーディア買収を支援

純有利子負債が2.8倍に

一方、下期(12年10月~13年3月期)の会社計画は、パチンコが10.6万台(期初計画8.5万台、前年同期9.4万台)、パチスロが2.3万台(期初計画6万台、前年同期2.6万台)。中間期と同様に、パチンコが期初計画を上回って販売台数を伸ばすものの、パチスロの計画は減額され前年同期をやや下回る見込み。下期の全体の販売台数は12.9万台(期初計画14.5万台、前年同期12万台)にとどまりそうで、中間期との比較では3.2万台減となる。

しかし、前下期に比べると、全体の販売台数が伸びるため、遊技機の部門売上高は370億円(前下期363億円)、営業利益93億円(同82億円)となり、前下期比では増収増益になる。

TOB成功なら来期業績も続伸

PGMによるゴルフ事業も、下期は不需要期の1~3月期が入ってくるため、部門売上高347億円(中間期400億円)、営業利益42億円(同75億円)と中間期比で反落を見込む。とはいえ、前下期には寄与がなかっただけに、この分が新たに上乗せされる。

結局、通期では、パチスロが減額ながらパチンコの増額で補い、PGMの9カ月分も新たに乗る。このため、売上高1669億円(前期951億円)、営業利益338億円(同207億円)と期初計画を確保。前期比では大幅増収増益になる見込みだ。

なお、アコーディアに対するTOBが成功してPGMが同社株の過半を取得した場合、来14年3月期にはアコーディアも連結子会社となり業績が連続して伸びる可能性が高い。また、下限20.00%を多少上回る程度での持分会社化で着地した場合は、営業外収益にその分が反映されてくることになる。

(撮影:梅谷 秀司)


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT