PGMがアコーディア・ゴルフに敵対的買収

委任状争奪経て直接対決

ゴルフ場運営2強がついに公の場で経営統合をめぐって直接対決する。

ゴルフ場運営で国内2位のPGMホールディングスは、11月15日の午後3時、同業で同じく最大手のアコーディア・ゴルフに対して、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。同日の午後5時から、PGMの神田有宏社長(下写真)が都内で記者会見を開く。

買い付け期間は11月16日から来年2013年1月17日までの38日間(営業日ベース)。PGMは今回のTOB発表に当たってアコーディア側とは一切協議しておらず、いわゆる「敵対的買収」になる。

買い付け価格は8万1000円。アコーディア株の11月15日終値は5万3200円であり、買い付け価格はこれを50%強も上回る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT