PGMがアコーディア・ゴルフに敵対的買収

委任状争奪経て直接対決

ゴルフ場運営2強がついに公の場で経営統合をめぐって直接対決する。

ゴルフ場運営で国内2位のPGMホールディングスは、11月15日の午後3時、同業で同じく最大手のアコーディア・ゴルフに対して、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。同日の午後5時から、PGMの神田有宏社長(下写真)が都内で記者会見を開く。

買い付け期間は11月16日から来年2013年1月17日までの38日間(営業日ベース)。PGMは今回のTOB発表に当たってアコーディア側とは一切協議しておらず、いわゆる「敵対的買収」になる。

買い付け価格は8万1000円。アコーディア株の11月15日終値は5万3200円であり、買い付け価格はこれを50%強も上回る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT