PGMがアコーディア・ゴルフに敵対的買収

委任状争奪経て直接対決

ゴルフ場運営2強がついに公の場で経営統合をめぐって直接対決する。

ゴルフ場運営で国内2位のPGMホールディングスは、11月15日の午後3時、同業で同じく最大手のアコーディア・ゴルフに対して、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。同日の午後5時から、PGMの神田有宏社長(下写真)が都内で記者会見を開く。

買い付け期間は11月16日から来年2013年1月17日までの38日間(営業日ベース)。PGMは今回のTOB発表に当たってアコーディア側とは一切協議しておらず、いわゆる「敵対的買収」になる。

買い付け価格は8万1000円。アコーディア株の11月15日終値は5万3200円であり、買い付け価格はこれを50%強も上回る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。