PGMがアコーディア・ゴルフに敵対的買収

委任状争奪経て直接対決

浮動株がほとんど

現在、PGM=平和グループによるアコーディア株の持ち株比率は、オリンピアの1.89%、石原昌幸氏(平和の筆頭株主である石原ホールディングス社長)の3.09%。買い付け株数の下限20.0%到達までは残り15.02%、上限の50.10%到達には45.12%の応募数が必要になる。

ただ、アコーディアの株主には金融機関による持ち株や持ち合い株はほとんどなく、個人投資家や、ファンドなどの機関投資家がほとんど。直近の時価に対して50%強も高い買い付け価格に魅力を感じる株主がどれだけ現れるかが焦点になる。

(撮影:今井 康一)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。