平和がゴルフ場を買収へ、パチンコと相乗効果は?

平和がゴルフ場を買収へ、パチンコと相乗効果は?

パチンコ機器メーカー大手の平和は、米系ファンドのローンスターの実質傘下でゴルフ場運営を手掛けるPGMホールディングスに対しTOB(株式公開買い付け)を実施、年内にも連結子会社化する。

平和が畑違いのゴルフ場運営に乗り出すのは、宿願だった「総合レジャー産業」へ脱皮するためだ。主力のパチンコ・パチスロ機器事業に長期的に縮小懸念があるほか、ヒット機種の有無によって業績が大きく変動する。かねてから次の柱となる新事業を模索していた。

そこへPGM株の6割を保有するローンスター側から株式売却が持ちかけられたとみられ、今年5月に協議を開始。9月には条件面での折り合いがつき、今回の友好的なTOBにつながった。

普通株式の買い付け価格は1株5万2000円で、買い付け総額は最大(PGMの全株式)で約649億円に上る。TOBが成立し、PGMが平和の連結子会社になると、単純計算で、平和の連結業績は売上高が約1600億円へ倍増、営業利益も1・6倍以上に膨らむ。

ただ、それ以上に相乗効果が見込めるかどうかは不透明だ。実は平和は1994年にもゴルフ場会社を買収したが、毎期損失を計上し、99年に撤退した苦い経験を持つ。そのときに、ゴルフ場運営が「規模のビジネス」との教訓を得た。今回120のゴルフ場を保有するPGMの買収によって、捲土重来を期す考えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT