平和がゴルフ場を買収へ、パチンコと相乗効果は?

株式市場の見方は厳しい。TOB発表翌日の平和の株価は前日比9・5%安と大幅下落した。

一方、10年前に破綻ゴルフ場を買収し、PGMを立ち上げたローンスター。今回のTOBで、どれほどの売却益が出るかは明らかではないが、株価は一時(2006年1月)、現行の6倍、30万円に達したこともある。ゴルフ人口の減少構造や株式市場の低迷を見れば、最高の売り時を逸したことは間違いない。

PGMの氏家顕太郎社長は、「短期的な投資回収を目的としない事業会社(平和)が大株主となるため、ゴルフ場の追加的な買収支援が期待できる」と事業拡大に意欲を示す。が、相乗効果が見えなければ、平和も追加投資には踏み込みにくい。異色の事業をどう活性化させるのか。

平和の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(堀越憲二、鈴木雅幸 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT