2位が首位にTOB ゴルフ場2強が対決

PGMがアコーディアに「敵対的買収」

 

(ゴルフ2強の統合が持論のPGMホールディングスの神田有宏社長がついにTOBを仕掛けた)

経営統合をめぐる争いについに荒技が持ち込まれた。ゴルフ場運営2位のPGMホールディングスは11月15日、首位・アコーディア・ゴルフへのTOB(株式公開買い付け)を発表。事前協議はなくアコーディアの反発は必至だ。

TOBの狙いは経営統合。神田有宏PGM社長は記者会見で、「それなりの株主となって、統合を申し入れないと迫力がない」と強調した。

神田社長はアコーディア元取締役で、当時はPGM買収に動いた。平和(パチンコ機大手)がPGMを買収した直後の1月に社長就任。今度はアコーディアに対し「個人的に統合を申し入れた」(同)という。一貫して2強の統合論者だった。

だが、アコーディアは経営統合に乗り気でなく、交渉は進展しなかった。すると、PGMの兄弟会社・オリンピア(アコーディア大株主)がアコーディア前社長の経費流用問題を追及し、役員候補を株主提案するなど、委任状争奪戦が勃発した。

次ページ魅力的な5割のプレミアム
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。