2位が首位にTOB ゴルフ場2強が対決

PGMがアコーディアに「敵対的買収」

 

(ゴルフ2強の統合が持論のPGMホールディングスの神田有宏社長がついにTOBを仕掛けた)

経営統合をめぐる争いについに荒技が持ち込まれた。ゴルフ場運営2位のPGMホールディングスは11月15日、首位・アコーディア・ゴルフへのTOB(株式公開買い付け)を発表。事前協議はなくアコーディアの反発は必至だ。

TOBの狙いは経営統合。神田有宏PGM社長は記者会見で、「それなりの株主となって、統合を申し入れないと迫力がない」と強調した。

神田社長はアコーディア元取締役で、当時はPGM買収に動いた。平和(パチンコ機大手)がPGMを買収した直後の1月に社長就任。今度はアコーディアに対し「個人的に統合を申し入れた」(同)という。一貫して2強の統合論者だった。

だが、アコーディアは経営統合に乗り気でなく、交渉は進展しなかった。すると、PGMの兄弟会社・オリンピア(アコーディア大株主)がアコーディア前社長の経費流用問題を追及し、役員候補を株主提案するなど、委任状争奪戦が勃発した。

次ページ魅力的な5割のプレミアム
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT