アコーディアのネット通販連携相手はGDO

ゴルフ用品販売でタッグ

ゴルフ用品のネット通販をめぐって、ゴルフ場運営最大手とゴルフ専門サイト最大手がタッグを組む。

アコーディア・ゴルフとゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、インターネットを活用したゴルフ用品販売事業について、来年4月1日付で業務提携を開始すると正式に発表した。東洋経済が11月1日付で配信したオンライン記事「アコーディアがネット通販参入など新構想」の具体的内容が、今回の発表によって明らかになった。

来年4月1日スタート

提携の詳細はこれから両社で詰めるとしているが、アコーディア側が自社ゴルフ場予約のために運用中の自社サイトを使って、4月1日をメドにゴルフ用品のネット通販をスタート。すでにゴルフ用品のネット通販を自社サイト上で行っているGDOが、ネット通販のための各種インフラやノウハウをアコーディア側に提供するという形になりそうだ。

次ページなぜGDO?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。