ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)が、リアルのレッスン施設運営に乗り出す。米国最大のゴルフレッスンチェーン、GolfTEC社と提携し、同社のトレーニングメソッドを提供するレッスン施設の日本第1号店を5月28日、東京・六本木にオープンする。

 「GDOのビジネスはほとんどがネット。GDOのO2O(オンライン to オフライン、ネットとリアルの連係)戦略をさらにやっていこうということ」と石坂信也社長は説明する。GDOは、2007年に中古ゴルフクラブの買い取り・販売店運営を買収し、現在7店舗を持つ。今回の取り組みでゴルファーへのサービスを拡充する。

提携したGolfTEC社は全米で145カ所(カナダやメキシコでも展開)のレッスン施設を運営しており、マンツーマンのレッスン、ITの活用、モーションセンサーによるスイングの数値化・見える化、さらにオンラインによる自習(自宅パソコンなどで視聴可能な動画)が可能なWEBシステムといった特徴を持っている。

GDOは2年以内に5店舗のパイロット店舗を展開し、その後全国100店舗以上を目指す。「FS(フィージビリティスタディ)では150カ所はいける」(石坂社長)。GDOとしては、レッスン自体の収益貢献はもちろん、フィッティング(個々のゴルファーのスイングなどに応じて最適なゴルフクラブを選ぶサービス)を通じた用品販売の増加にも期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT