ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)が、リアルのレッスン施設運営に乗り出す。米国最大のゴルフレッスンチェーン、GolfTEC社と提携し、同社のトレーニングメソッドを提供するレッスン施設の日本第1号店を5月28日、東京・六本木にオープンする。

 「GDOのビジネスはほとんどがネット。GDOのO2O(オンライン to オフライン、ネットとリアルの連係)戦略をさらにやっていこうということ」と石坂信也社長は説明する。GDOは、2007年に中古ゴルフクラブの買い取り・販売店運営を買収し、現在7店舗を持つ。今回の取り組みでゴルファーへのサービスを拡充する。

提携したGolfTEC社は全米で145カ所(カナダやメキシコでも展開)のレッスン施設を運営しており、マンツーマンのレッスン、ITの活用、モーションセンサーによるスイングの数値化・見える化、さらにオンラインによる自習(自宅パソコンなどで視聴可能な動画)が可能なWEBシステムといった特徴を持っている。

GDOは2年以内に5店舗のパイロット店舗を展開し、その後全国100店舗以上を目指す。「FS(フィージビリティスタディ)では150カ所はいける」(石坂社長)。GDOとしては、レッスン自体の収益貢献はもちろん、フィッティング(個々のゴルファーのスイングなどに応じて最適なゴルフクラブを選ぶサービス)を通じた用品販売の増加にも期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。