ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のGDOがレッスン施設運営に進出、ネットとリアルの連携を拡充

ゴルフ専門サイト最大手のゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)が、リアルのレッスン施設運営に乗り出す。米国最大のゴルフレッスンチェーン、GolfTEC社と提携し、同社のトレーニングメソッドを提供するレッスン施設の日本第1号店を5月28日、東京・六本木にオープンする。

 「GDOのビジネスはほとんどがネット。GDOのO2O(オンライン to オフライン、ネットとリアルの連係)戦略をさらにやっていこうということ」と石坂信也社長は説明する。GDOは、2007年に中古ゴルフクラブの買い取り・販売店運営を買収し、現在7店舗を持つ。今回の取り組みでゴルファーへのサービスを拡充する。

提携したGolfTEC社は全米で145カ所(カナダやメキシコでも展開)のレッスン施設を運営しており、マンツーマンのレッスン、ITの活用、モーションセンサーによるスイングの数値化・見える化、さらにオンラインによる自習(自宅パソコンなどで視聴可能な動画)が可能なWEBシステムといった特徴を持っている。

GDOは2年以内に5店舗のパイロット店舗を展開し、その後全国100店舗以上を目指す。「FS(フィージビリティスタディ)では150カ所はいける」(石坂社長)。GDOとしては、レッスン自体の収益貢献はもちろん、フィッティング(個々のゴルファーのスイングなどに応じて最適なゴルフクラブを選ぶサービス)を通じた用品販売の増加にも期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。