アコーディアがネット通販参入など新構想

ゴルフ用品年商100億円へ

ゴルフ場運営最大手、アコーディア・ゴルフは11月1日、ゴルフ用品の販売事業に本格参入を検討していることを明らかにした。アコーディアはすでに自社ゴルフ場やゴルフ練習場に付設する形でゴルフ用品ショップを展開済みだが、街中への単独店出店や、eコマースによるネット通販への進出も構想に入っている。

1日に都内で開かれた今2013年3月期の中間決算説明会で、鎌田隆介社長が中期的な経営戦略構想の一環として明らかにした。

アコーディアが中期的な構想として今回掲げたのは、「ゴルフ場総合サービスによる囲い込み」「プレミアム市場への進出」「ローコスト市場への進出」「ゴルフ用品販売における事業拡大」の4点。このうち、「ゴルフ用品販売における事業拡大」については、主力のゴルフ場運営事業における客単価の低迷が続いていることから、売り上げの伸び悩みを補う戦略の一つと位置付けられる。

次ページ参入の“器”はある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。