会員が猛反発!太平洋クラブ再生案否決の舞台裏

会員が猛反発!太平洋クラブ再生案否決の舞台裏

“ダブルスコア”での会員勝利−−。10月3日、ゴルフ場経営老舗・太平洋クラブの債権者集会が開催され、アコーディア・ゴルフをスポンサーとする、会社(太平洋クラブ)側提案の再生計画案が、反対6866票対賛成3634票の大差で否決された。

会社側は配当率の引き上げを含む再生計画案の変更によって、再度の債権者集会開催を求め続行手続の申し立てをしたが、東京地方裁判所民事20部はこれを棄却。民事再生手続の廃止を決定した。

本来ならこれで太平洋クラブは破産へ移行するところだが、今回は債権者である会員の有志が9月28日、東京地裁民事8部に会社更生法の適用を申請、即日受理された。会社側も民事再生廃止決定を受け、10月3日夕刻に会社更生法適用を申請、即座に保全管理命令が下りた。

今後は保全管理人に就任した永沢徹弁護士が、現経営陣に代わって会社の運営や財産管理に当たる。おおむね2週間~1カ月程度で更生手続の開始決定が下りる見込みであり、その後は永沢弁護士が管財人に就任。順調にいけば来年3~4月ごろには新たなスポンサーが決定すると見られる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT