TOB完勝ならPGMは営業利益2.4倍

小が大のむ買収の舞台裏

ゴルフ場運営最大手のアコーディア・ゴルフ(東証1部)との経営統合を求め、同社に敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けた、同業2位のPGMホールディングス。

(12月3日開催の説明会でTOBへの反対を表明するアコーディアの鎌田隆介社長 撮影:梅谷秀司)

TOBを仕掛けられた側のアコーディアは12月3日に新中期経営計画を発表し、PGMとの経営統合などなくても、中長期的な収益成長が可能であることを強調した。アコーディアの鎌田隆介社長は、「アコーディアのほうがPGMよりもはるかに収益力が優れている。経営統合すると(アコーディア側にとっては)収益力が低下する」という点を、TOBに対する反対の理由の1つとして挙げた。TOBを仕掛けた側のPGMの収益力は、アコーディア側が主張するように、本当にアコーディアよりも見劣りするのか。

TOB上限到達ならアコーディアを連結子会社化

また、TOBに当たってPGMは、買い付け上限を株式保有割合50.1%に相当する52万4105株(これを超えた場合はそれ以上買い付けず、応募株数に対し按分比例で買い付ける)、買い付け下限を同20.0%相当の20万9224株(これ未満の場合は応募株数全部を買い付けない)に設定した。TOB応募株数の上限に達した場合、アコーディアはPGMの連結子会社となる。その場合、PGMの来期以降の収益にはどのように影響するのか。

次ページ客単価は両社で明暗も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT