アコーディアにホワイトナイトは現れず

大幅増配でひとまず買収対抗

ホワイトナイトはひとまず登場せず、大幅増配で敵対的買収に対抗――。

ゴルフ場運営最大手、アコーディア・ゴルフは12月3日、同業2位のPGMホールディングスに仕掛けられていたTOB(株式公開買い付け)に対する意見表明と買収防衛策を発表した。

純利益のほとんどを回す大幅増配に

東洋経済が11月30日付でオンライン配信した「アコーディアは週明けにも強力な対抗策か」で想定した買収防衛策のうち、大幅増配には踏み切った反面、ホワイトナイト(買収を仕掛けられた側にとって友好的な第三者)については具体的な言及はなかった。

アコーディアの発表した意見の内容は当然ながら“反対”。買収防衛策としては、今2013年3月期の1株当たり年間配当予定を従来の1600円(TOB発表前の10月31日に、期初計画1400円からいったん引き上げていた)から5500円に引き上げる“大幅増配”を打ち出した。今期の場合、会社側が開示している1株当たり純利益計画は5263円。5500円配だと、1株当たり純利益に占める配当額の割合を表す配当性向は104.5%にも上る。

次ページ配当利回りは東証でも屈指に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。