学芸大は挫折した元エリートが住む街だった

41歳の拓哉に訪れた、再度の挫折と転機

そんなこんなで学芸大学に引っ越した39歳。ハローワーク生活を続けながら、次に何をするかを考え続けていました。その矢先、春香の妊娠が発覚したのです。タイミング的に順序が逆になってしまったけれど、結婚するなら彼女しかいないと思っていました。いわば“ヒモザイル状態”になっていた僕でも見捨てずに一緒にいてくれて、31歳になっても「家の片隅にゼクシィ」という“ゼクハラ”を仕掛けてこなかった人です。

自分が無職であることも構わず、「結婚しよう」って言いました。すると彼女は「おせーよ」との四文字。しかしその後の笑顔は、「やっと言ったか」という表情で、答えがイエスであることは明らかでした。

無職であることも構わず、春香にプロポーズ! 彼女のの答えは、「おせーよ」の四文字と笑顔

なぜ僕のような頼りないやつを選んでくれたのでしょうか?「私がいてあげなくちゃって」母性本能をくすぐられていたらしいです。それだけらしいですよ。まったく、頼もしい限りです(笑)

春香は出産後も働くつもりのようですが、出産時には休職します。すると、世帯年収はゼロです。

やばい。さすがにそろそろ働いて稼がないと。

転職することも考えましたが、結局、自分で事業を立ち上げることにしました。

東京資本主義に疲れ、カウンターカルチャーへ傾倒

実は資本主義に嫌気が差している自分がいました。5MINUTESを辞めたのも、結局ストックオプションで揉めたことが引き金でしたが、今振り返ると自分は何て小さいやつなんだと思いますね。そういった株とかに惑わされず、小さくてもいいから実体経済で、自分の足で立ちたいと思うようになりました。

そうしてたどり着いたのが、伝統工芸品やハンドメイド品の販売です。

小さくてもいいから実体経済で、自分の足で立ちたい

アメリカではリーマンショック以後の世界で、大量生産大量消費の資本主義に疲れたカウンターカルチャーとして、ポートランドを中心とした地産地消やハンドメイドにこだわる生き方が、注目を浴びていました。日本でも最近『KINFOLK』がかなり人気を博していますよね。清澄白河にできた『ブルーボトルコーヒー』も、そういう流れです。

その気持ち、すごくよくわかったんです。

次ページ拓哉が立ち上げた事業とは…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT