学芸大は挫折した元エリートが住む街だった

41歳の拓哉に訪れた、再度の挫折と転機

地に足のついた暮らしができそうな街・学芸大学

春香と話した結果、引っ越し先に選んだのは「学芸大学」です。広尾のような都心からは若干離れますが、渋谷まで急行で6分と都心に出やすく、家族住まいが多い住宅街です。

駅を出て西口・東口共に商店街になっていて、スーパーやドラッグストアも多い。毎週のように港区のレストランを徘徊していた広尾時代と比べ、自炊に向く、地に足のついた暮らしができそうな街です。

新しい住まいは鷹番2丁目で2LDKの賃貸マンションにしました。家賃は18万円。58平米とさほど広くはないけど、まあ暮らせないこともないです。ばびろん系列でも、マテリアル・ガールでもない春香は広尾のビンテージマンションに固執することもなく、「学芸大学って住みやすいのね。案外気に入っちゃった。拓哉さん、働いてない分、晩御飯くらい作ってね」と言ってくれています。なんて柔軟性のある子なんでしょうか(笑)

ハローワーカー・拓哉おすすめのお店は?

学芸大学はハローワーカーな僕でも(笑)気軽に入れて、懐が痛まないおいしいレストランがいくつかあります。人気筆頭は『オステリア バル リ.カーリカ』でなかなか予約が取れないらしいけど、夜遅めに行くと案外入れるらしいです。最近オープンしたらしい、『地中海料理 Oliva』も気になります。

学芸大学には、気軽に入れて、懐が痛まず、しかもおいしいレストランがいくつかある

駒沢通り沿いの洒落たカフェ『エンポリオ』もお気に入りです。茶そばのペペロンチーノという珍しいメニューがあります。反対側の目黒通り沿いまで行けば、スタイリッシュな空間が魅力のホテルも擁する複合施設の『CLASKA』もあります。ここでたまに10時とかに遅めの朝食を食べますね。

あと、お隣の都立大学にはなるけど、少し足を伸ばしてでも行きたいのが有名中華の『わさ』。ここの炒飯は本当に美味いので、遠方からでも赴く価値アリですよ。

最近、ネットで見たマンションポエムの話で、「渋谷、代官山、中目黒、そして学芸大学」という野村プラウドのコピーを見かけました。無駄に「そして」がついてないなと少しだけ納得できるほど、案外充実してますよ?学芸大学。

この駅名を並べただけのコピーに「祐天寺の立場は?(笑)」というツッコミが多くあったようですが、とにかく学芸大学はバランスのとれたいい街ですよ。プラウドも意味がないようで、深いコピーを書いてきますね(笑)。

あ、残念ながらうちは「プラウド学芸大学」ではありません。

次ページ春香の妊娠が発覚。そして結婚へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT