学芸大は挫折した元エリートが住む街だった

41歳の拓哉に訪れた、再度の挫折と転機

最終的には「そんなに金のことを言うなら、無理に働いてもらわなくてもいいよ」と言われ、なんだかやる気がなくなりました。虚しさを覚えましたね。

結局僕が40歳の時に5MINUTESは上場しました。公募時時価総額100億円に対して、初値で300億円の時価総額を付けていました。時代の寵児としてタケシはもてはやされて、彼は公募時の売出しで5億円程度のキャピタルゲインを得ていたようです。

そして、ハローワーク通いの日々

ヘッドハンティングも思ったほどこなかった。僕に実力がなかっただけ……

39歳での5MINUTESの退社。上場直前の企業から経営幹部が抜けるというのは、世間的にはネガティブな見られ方をするようです。僕くらいの立場であれば、ヘッドハンティングとかたくさん来てもいいはずだと思っていたのですが、思ったほどオファーはありませんでしたね。

ちなみに、BeNAから転職してきた僕の後任のCOOはストックオプションをもらっていたようです。風の噂によると、タケシは僕の働きに満足していなくて、ストックオプションを与えないことで僕が出て行くように働きかけたようです。「本当に抜けて欲しくない人材だったら、意地でも引き止めるさ」そう彼は社内に漏らしていたようです。僕に実力がなかっただけですね。情けない限りです。

春香は僕が辞めた後も5MINUTESで奮闘していました。タケシと揉めて会社を飛び出し、精神的に疲弊していた僕に、「しばらく充電して次に何をしたいかゆっくり考えるといいよ」って言ってくれました。

彼女の収入だけに頼るわけにはいかず、とはいえすぐに転職する当てもなく、ハローワークに半年ほど通いました。失業手当で前職の月収の6割程度が給付されます。すばらしい制度ですね。

さすがにハローワークに通う身で、春香の収入があるとはいえ、広尾のビンデージマンションに住み続けるわけにもいきません。家賃を抑えるために、引越しをすることにしました。

次ページ「渋谷、代官山、中目黒、そして…学芸大学」?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT