38歳「経営幹部」は、ついに広尾に移り住んだ

転職して仕事の光が見えてきた

慶應大学卒業後とある総合商社に勤めた拓哉。20代を「渋谷」「西麻布」で過ごし、挫折を経験し「蒲田」へと引っ越す。その後スタートアップ企業「5MINUTES」へと転職し、経営幹部に。仕事の光が見えてきた、拓哉の38歳の時のお話。

起きて見る夢こそ、男の夢でしょう。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

皆さん、こんにちは。

突然ですが、かの有名な藤沢数希先生はこう言っています。「1回の決断が成功するか失敗するかは運。しかし1000回の決断なら大数の法則で、その人の実力に収束する。」と。つまり、人生は数多もの決断の積み重ねで構成されているから、人生で成功するかどうかは運ではない、ということですね。

冒頭から失礼しました。

最近、転職は英断だったなと思うんですよね。社員4人で駆け出した「5MINUTES」ですが、あれから4年。社員数は60名を超えて、オフィスは活気にあふれています。世間のトレンドも「動画」という時代になっていて、昨年はジェフコから10億円の資金調達も完了しました。

最近では「来年上場しそうな企業」として取り上げられることも増え、35歳の時にタケシと語った「5年以内に上場!」という話が現実味を帯びてきました。夢は寝て見るものじゃないんです。男だったら、起きて見る夢を語るべきです。

どんな仕事でも80点までひょいと持っていくような要領がよい僕は、もともとゼネラリスト型の人間で、ベンチャーの創業期においては非常に重宝されるようです。タケシも、大企業での経験をすごく頼りにしてくれてるのがわかりますし、彼が受けるインタビューでも「総合商社を捨ててベンチャーに飛び込んだCOO」として僕のことをよく紹介してくれています。

次ページ合コンでの2級戦士扱いが、今では…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。