加速するO2O技術革新、驚くべき新・消費体験《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


現在、クレジットカードや会員証、各種ポイントカードやクーポン券などで、財布がぱんぱんに膨らんでいる人も多いだろう。各種カードなどをスマートフォンで一元管理する「モバイルウォレット」というサービスが今後どう展開されていくのか、世界的に注目を集めている。モバイルウォレットでは、決済、ポイント、クーポンなどの複数の機能を、財布(ウォレット)に見立てたアプリで対応するようになる。スマートフォン1台だけ持って出れば、街に出掛けても困らなくなる。

先駆けは、Google。米国で11年9月「Google ウォレット」というサービスを始めた。決済、クーポン、ポイントカード、ギフトカードなどの財布機能を持つスマートフォンアプリとオンラインサービスを開始。リアル店舗とネットショップ両方の決済サービスとして展開する。

国内では、大日本印刷が、モバイルウォレットでは世界的に実績のある米国のC−SAM社との協業を発表した。12年9月から、スマートフォン向けモバイルウォレットサービスを日本企業に向けて展開していく予定だ。スマートフォンでの決済やクーポン、ポイントなどに対応した多様なアプリの一元管理や、関連業務を総合的に支援するサービスだという。

本命の動きも見逃せない。
 
 iPhoneを展開するAppleだ。

12年6月、Appleは、iPhoneやiPadに搭載される次期OS「iOS6」の新機能の1つとして、「Passbook」を発表した。飛行機の搭乗券、映画のチケット、お店のクーポン、ポイントカード、ギフトカードなどを一元管理できるというもの。位置情報を基にリアル店舗のプロモーションも行う。たとえば、スターバックスの近くを通ると、自動的にiPhoneにお知らせ表示してくれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。