加速するO2O技術革新、驚くべき新・消費体験《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


12年5~6月は、GAP原宿店と銀座店で、夏の新作コーディネートの人気投票を「リアルいいね!」を活用して行った。消費者がリアル店舗に行き、自分の好きなコーディネートを着用している店員を選ぶ。選んだ店員とハイタッチをすると、そのコーディネートに対しての「いいね!」が送信される。イベント期間中、GAPのFacebookページの「話題にしている人」の数(コメントやいいね!の総数)が4倍になったという。

「リアルいいね!」のシステムを開発した凸版印刷は、サイバーエージェントと協業。商業施設のほかにも、音楽、スポーツ、アートなど多方面で「リアルいいね!」をはじめとするO2Oの実証実験を進めている。リアルとネットの境界がなくなる新しいコミュニケーションの形として、今後の展開に期待が持てる。

見知らぬ消費者同士をつなげる

世界中の見知らぬ人同士をつなげるすてきな試みもある。コカ・コーラの「Hilltop Re−imagined」キャンペーンがそれ。
 
 12年カンヌ国際広告祭(正式名称:カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル)のモバイル部門でグランプリを受賞した。

世界中の会ったこともない誰かにコーラを1本無料でプレゼントするというキャンペーン。Googleが全面的に技術サポートして実現した。

スマートフォンアプリを利用して、世界各地に設置された専用のコカ・コーラ自動販売機の中から自分が贈りたい国のものを選択する。受け取り主に宛てたメッセージを入力すると、Googleが各国の言語に自動翻訳してくれる。贈った先の国で、たまたま通りかかった人が、実際の自動販売機からメッセージとコーラを受け取る。自動販売機に表示されたキーボードから贈り主へのお礼のメッセージを入力、送信できる。もちろんGoogleが自動翻訳してくれる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。