加速するO2O技術革新、驚くべき新・消費体験《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


「世界中にコーラをおごってあげたい」。実はこのメッセージは今に始まったものではない。1971年、コカ・コーラはこのメッセージを歌で表現した広告を発表していた。今回のキャンペーンは、そのコンセプトを現代に置き換えたもの。実に40年の時を経て、Googleの最新技術により、現実のものにしてしまった。夢のあるO2Oの例だ。

ほかにも、ソーシャルメディアの情報をリアル店舗で効果的に活用する、興味深い事例が世界で話題になっている。

ブラジルのアパレル企業「C&A社」が導入した、商品の人気度が一目でわかるFacebook連動型ハンガーもその1つ。Facebook上での各商品の「いいね!」の数を、リアル店舗の各商品のハンガーにリアルタイムに表示する。消費者がFacebook上で好きな服に「いいね!」をする。すると、リアル店舗の該当商品のハンガーに付いている表示パネルにリアルタイムに反映される仕組みだ。
 
 今や人の「評価」が消費者の購買動機や商品、サービスの選択に影響を与える時代になった。「価格」以上かもしれない。ブラジルのFacebook連動型ハンガーは、時代を先取りしているO2Oの事例といえる。

リアル店舗での試着も、今までにない新しい体験を提供している。

12年5月、ドイツの靴販売チェーン「Goertz」が駅構内でバーチャルな試し履きショップを展開した。

AR(拡張現実)とマイクロソフトが開発したジェスチャ認識技術「Kinect」を活用。駅構内に設置された大型ディスプレーの前に消費者が立ち、タッチパネルで試したい靴の種類やサイズを選ぶ。すると、自動的にKinectセンサーが足を認識。ディスプレーに投影された消費者の足に靴の画像を合成するという仕組みだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT