「残念な中学受験塾」を見抜く7つのポイント

あえて中小塾を選ぶならここに気をつけよ

子供の将来も左右しかねない塾の選択。しっかり見抜きましょう(写真:kou / PIXTA)

12月から2月にかけては中学受験塾選びのピークである。2月からの本格入塾に先駆けて、冬期講習でお試ししてみるという家庭も多いだろう。

現在、中学受験の合格者実績はごく一部の大手塾による寡占状態にあり、首都圏の場合、大手6塾で全合格者数の9割以上を占める。その意味で「とりあえず大手塾」というのは無難で合理的な選択といえる。

中小塾は玉石混淆。ハズレも多い

一方、大手塾の画一的な中学受験勉強に疑問を感じるのであれば、あえて中小塾で中学受験に臨むというこだわりの選択も検討に値する。

大手塾では与えられたものをただこなしていくだけになってしまう子や、逆にものすごく頭が良くて、大手塾での指導に「ここまでやる必要があるのだろうか」と本質的な疑問を感じられる子供であれば、中小塾がおすすめだ。

しかし、中小塾は玉石混淆。ハズレも多い。

大手塾には大手チェーン系のファミリーレストランのような安心感がある。一方で、中小塾というのは個人経営の飲食店みたいなもの。ファミレスでは絶対に食べられないような絶品に出会える可能性がある一方で、まったく舌にあわない料理が出てくる可能性もある。

拙著『親が後悔しない、子供に失敗させない 中学受験塾の選び方』では、大手塾の指導方法の違いや、中小塾の指導方針を具体的に確かめるための9つの質問などを紹介している。今回は、「ダメな中小塾」を見抜くための7つのポイントを説明しよう。

次ページダメな中小塾を見抜く7つのポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。