他社への乗り換え止まらぬドコモ、サービス不具合の情報開示にも批判の声

他社への乗り換え止まらぬドコモ、サービス不具合の情報開示にも批判の声

NTTドコモは7月27日、今2013年3月期の第1四半期(12年4~6月)決算を発表した。スマートフォンの契約数増加などで営業収益は前年同期比2.4%増の1兆0723億円に増えた。

一方、音声収入の減少や購入時の機種に応じた月額料金の割引サービス費用の増加などが響き、営業利益は小幅ながら同1.9%減の2626億円となった。会社側の今通期見通しである9000億円への進捗度は29%。

業績は堅調に推移しているが、MNP(番号持ち運び制度)による他社への転出傾向は、4月に10万人超となるなど他社への契約乗り換えが止まらない状況が続いている。同日、会見した加藤薫社長(=写真=)は「MNPの状況は非常に厳しい」との認識を示し、端末のラインナップの増強、複数のデバイスでスマートフォンやタブレットの電話帳やメールにアクセスできるクラウドサービスの推進など強化策を発表した。

契約者数で首位を独走するドコモだが、今秋以降、ソフトバンク、KDDIもドコモが先行するLTE(次世代高速通信サービス)導入を控えておりさらなる競争激化は必至だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。