他社への乗り換え止まらぬドコモ、サービス不具合の情報開示にも批判の声

加藤社長は「1年前にすでにLTEを導入しており技術的なノウハウを蓄積している。先行的なメリットは薄れるものではない」とする。しかし、ドコモはたび重なる通信障害や不具合で通信ネットワークへの信頼が失墜しており、端末数の充実やサービス強化の効果がどこまで転出の抑止力になるかは未知数だ。

昨年12月から今年1月にかけても大規模システム障害が発生したのに加え、つい先日の7月25日にもスマートフォン用のメールサービス「SPモード」で不具合が発生。また、平常時にも都心部など通信量が逼迫しやすい地域でメールの送受信の遅延が発生するなどユーザーの不満も高まっている。

7月25日の不具合は「お知らせ」としてHP上で発表するのみで「プレスリリース」という形での発表はなし。会見では不具合発生から発表まで時間が経過したことも追及され、ドコモ側の情報開示への姿勢にも厳しい批判がなされた。

(麻田 真衣=東洋経済オンライン)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT