“並み”の上場企業になったので、もう一段レベルアップを--大谷喜一・アインファーマシーズ社長

--ところで、4年前に資本・業務提携したセブン&アイ・ホールディングスとの関係についてはどうなっているのか。物販事業だけでなく、調剤事業でも成長に向けた新たな展開はあるのか。
  
 商品調達、物流、建築資材、メンテナンスなどについては、セブン&アイのノウハウが入ったおかげで、年間10億円以上のコストを削減を実現しており、業界内でも比較的利益率が高い1つの要因となっている。セブン−イレブンの店頭で、医薬品のPBを取り扱うことになれば、さまざまな検討課題について協力を惜しまないし、当社へのメリットも期待している。  

--調剤薬局といえば、大病院の門前に多数の店先が軒を連ねていますが、顧客がブランドを意識して、特定のチェーン店に人気が集まるという傾向はまだ生まれていません。ブランド力についての考えは。

選ばれるためには時間がかかるだろうし、エンドレスで取り組みを強化し続けるしか道はない。見習うとしたら、やはりセブン−イレブンだ。社員の方々と会う機会を多く持つようにしているが、スピードの早さやこだわりなど各自がすごい。ブランド力の面でも、ああいうふうになりたいと考えている。

◆アインファーマシーズの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(古庄英一 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT