受験生が意外とできていない「基本中の基本」

受験直前!今からやるべき「5つのこと」

受験シーズン到来で、必死に勉強をしているお子さんのために、親にできることは?(写真 : KAORU / PIXTA)

今年もあとわずか。いよいよ受験シーズンの到来です。

受験の成否は、「本番までの限られた時間に何をするか」でも左右されます。ここでは、志望校に合格するための受験期のお子さんを持つ親が教える「勉強の技術」と「受験前に親が心掛けるべきこと」について解説しましょう。

志望校合格のために重要な「ピーキング」

志望校の受験日がわかったら、そのゴールに向けて「ピーキングの理論」を活用すべきです。「ピーキング」は、アスリートが大切な試合で最高のパフォーマンスをできるように、「周到な準備をすること」をいいます。

受験でもゴール(受験日)をしっかりと脳裏に叩き込んで、持てる実力を目いっぱい発揮できる計画を立てることが、合格をつかむ大きな要素なのです。そこで、受験日に合わせてピーキングを実現するための5つの要素を、以下にご紹介しましょう。

1.得意科目よりも苦手科目に力を入れる

まず、受験での合格ラインの最低点を意識して、「総合点をクリアすることに全力を注ぐことの大切さ」をお子さんに強調しましょう。誰でも、苦手科目と得意科目があります。

画像を拡大
いくつかの科目の総合点が問われ、それぞれ上限( 満点)が決まっているような試験の場合は、現実問題として、苦手科目の得点を上げるように勉強するほうが合理的だ(イラスト:にしかわたく)

多くの受験生は、当然、得意科目が好きなため、この勉強に時間を割きます。しかし、最後の数カ月で得点を伸ばせるのは意外にも苦手科目なのです。

たとえば、模擬試験で「数学は100点満点で90点取れたけれど、国語は100点満点で60点しか取れなかった」とします。残された時間でいくら勉強しても数学は最大で10点しか上積みできません。一方、国語なら最大で40点、上積みできます。

この場合、追い込みで総合点に貢献できるのは「数学ではなく国語」であることは一目瞭然です。この時期は苦手科目の克服のために時間をたっぷり割く――このことの大切さを、親御さんは強調してください。

次ページその生活スケジュールで大丈夫?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT