身なりを重視しない人に「欠けている視点」

勝負は「印象の手前」から始まっている

ビジネスの現場で大事なことは、「印象」そのものではなく、「印象の手前」なのではないかと思うのです。「相手はどんな人で、どんなことを気にしている人か」ということを踏まえ、「どんな風に見られたいか」「何をいちばん伝える場にしたいか」を「印象」が作られる前に考えること。

それが「印象の手前」であり、最も大事な心構えではないでしょうか。そうやって相手を主に置いて、場を設計するチカラを育てることこそが最も大事なのだと、昔の上司は私に教えてくれたのだと私は解釈しています。

「印象の手前」から完全に失敗している

部下とやはりクレームに関するお詫びでお客様のところに出かけたとき、彼が身に着けている時計やかばん、靴などがとても高価なブランド物で、お客様からそれを指摘され、「謝意を感じない」「私たちがどれだけの汗をかいて、あなたたちに支払いをしているか考えろ」と余計に怒りを買ったことがありました。経営トップへの取材にリュックサックでうかがった若手の営業が、「あなたのような人にトップのこれまで歩んできた中の苦労を感じられるものか」と取材を断られて帰ってきたこともありました。

新卒採用の最終面接の合否について迷っているクライアントの方に相談された営業担当者が、「あまり偏差値が高くない」と否定した大学に先方担当者の息子さんが通っていることが後でわかり、発注が減らされた理由がそこだったと説明されたこともありました。

ビジネスだけでなく、合コンだってデートだって、「今日はこんな場にしたい」と思って色々準備をするでしょう?マナーや礼儀、TPOとは、相手の期待を超える手前の、場をイメージングして設計しようとすることを言うのだと思います。あなたには、それができているでしょうか?先輩女性の助言は、そういうことに根差しているのではありませんか?

たくさんの失敗や叱責や、かいた恥や、そういった経験のもとに、あなたがしなくてもよい「損」をしたり、機会を逃していると感じたら、私があなたの先輩でもきっと同じようにお説教したことでしょう。

ビジネス社会は、同じ価値観やもともと見知った人たちとの関係性だけで成り立っているものではありません。「よく見てもらう」前に、「不快にさせない」「常識がない、信頼できない人だと思わせない」といったことを、場に出ていく前に一呼吸おいて考えてみる。そういう習慣をあなたに持ってもらいたいと思っているのかもしれませんよ。

素直に聞けないなんてもったいない!おばさまの知恵は深いのです。注意の後ろにある真意をくみ取る努力を怠っていては、素敵なビジネスウーマンにはなれませんよ。「自分としては」と言う前に、耳に痛いことを言ってくれる先輩の言葉に、耳を傾けてみることこそ大事な第一歩です。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT