若者の間に「エセオタク」が激増しているワケ

知識も消費金額も少ないのに、オタクを自称

かつて、自分を差別化するために用いられていたのは「ファッション」や「音楽」といった「メジャーなサブカルチャー」だった。しかしサブカルチャーとメインカルチャーの境界が曖昧になり、サブカルチャー自体もジャンルが細分化したことで、単に「ファッションが好き」「音楽が好き」と主張するだけでは、個々人のキャラクター付けが困難になっている。そこで目をつけられたのが「オタク」という属性である。「オタク」を自称すれば、手軽に個性を発揮できる(キャラクター付けを行える)のだ。

少し前まで「オタク」と言えば、少しマイナスイメージでくくられる存在だった。しかし現在では、自分がオタクであることを主張する芸能人やモデルなどの存在が、社会の「オタク」へのイメージを大きく変えた。今や「オタク」は立派な個性のひとつなのだ。

エセオタクが求める商品を考えてみた

では、このようなエセオタクが増加している今、彼らが求める商品やサービスとは、どのようなものだろうか。ここでは、私たちが考えたエセオタクが必要としていそうなアイデアを紹介する。

ポイントは「時間や労力をかけずにオタクぶれる」こと。これこそが、エセオタクにとって最も重要なことである。

① SNS映えするオタクグッズ

エセでリア充な(自称)オタクにとって、SNSでのオタクアピールは重要不可欠。つまり、ある程度おしゃれでSNS映えするオタクグッズが求められているのではないか。たとえばTシャツであれば、目立つようにキャラクターの絵や作品のタイトルが載っているものではなく、一見してアニメのTシャツとは気づかないけど、よく見たら作品のロゴマークが刺繍されているTシャツ――などだ。「オタクは主張したいけど、リア充でもありたい」というエセオタクには、ちょうどいい主張具合のオタクアイテムが求められていると思われる。

② 聖地巡礼ツアー

オタクの間で以前からはやっているのが、「聖地巡礼」である。聖地巡礼とは、アニメやマンガの舞台となっている場所に行き、作品と同じ構図で写真を撮ったり、作品に出てきた料理を食べたり、乗り物に乗ったりすることである。

しかし、これを行うためには、作品に関して深い知識が必要となり、エセオタクはそこに時間をかけたがらない。そこで、この「聖地巡礼ツアー」では、聖地巡礼をガチオタの人と一緒に行う。これにより、エセオタクは事前に何も調べずとも手軽に聖地巡礼を行え、手間を省いてオタクアピールができるようになる。ツアーで撮った写真をSNSに投稿すれば、彼らのアピール欲はさらに満たされるだろう。

次ページ「オタク」キャラでコミュニケーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT