「日本のアニメ」と「CG」の幸福な出会い

サンジゲン松浦裕暁社長の挑戦

新連載の「天才クリエイターに聞く」。第1回目のゲスト、サンジゲン松浦裕暁代表(右)とインタビュアーのオトバンク上田渉会長
「日本を変える天才クリエーター」を訪ねるシリーズ。第1回は3DCGアニメの最先端を走るサンジゲンの松浦裕暁代表。アナ雪、ベイマックスを超えるような作品を作っていくための戦略とは、どのようなものなのだろうか。

 

上田:まずはサンジゲンさんについてお話を伺います。そもそもどういうきっかけでこの会社を作られたんですか。

松浦:僕はCGの仕事がしたくて25歳で田舎から上京してきたのですが、当時(1997年頃)はCGが徐々に盛り上がっている時代だったんですよ。

アニメでも世界初のフルデジタルOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として知られる『青の6号』(1998年に世界初のフルデジタルOVA作品として登場したアニメーション。クリエイター集団「GONZO」がアニメーション制作を担当し、監督は前田真宏)などでCGが使われていましたし、これから盛り上がっていくだろうと考えていました。ほかにもゲームなどの選択肢もありましたけど、僕が将来に向けて何をやるのかというのはフラットな状態でいたかった、というか、ノラリクラリしていたというか。

日本らしいCGを模索

そんなとき、アニメの演出家さんやクリエイターたちと話していて、アニメーションはそもそも昔からわりと自由度が高いことがわかったので、これからCGでやっていくのには向いていると思ったんですね。そのくらいから日本のアニメに対してどっぷり関わるようになりました。

とはいえ、日本のアニメの中で、CGをどうやって使っていくのかということに、誰も答えを持っていなかった。そこで僕は、アニメ制作会社のGONZOに入っていろんなアニメに関わりながら、「アニメにCGが関わるというのはどういうことか」ということをすごく考えました。

次ページ会社名に込めた想いとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT