わたし恋に落ちました、お菓子とコンビニに

「お菓子・コンビニオタク」の仕事道とは?

ローソン営業戦略本部広告販促部の松林千宏さん
好き、好き、大好き、夢中、愛している――自分の仕事を。そんな生き方をしている“○○オタク”な女性にフォーカスを当てる新連載。Woman type4周年に合わせ、スタートします。
「好き」を追及し、突き抜けてきた彼女たちの仕事は、社会に、そして彼女たち自身にどのような変化をもたらしたのか。彼女たちの言葉から、豊かな人生を送るためのヒントをもらいましょう。

 

高校生のころから毎日10種類以上のお菓子を食べ続け、20余年。これまで食したお菓子は3000種類を優に越える。ローソンで販促を担当する松林千宏さんは、まさに「お菓子オタク」だ。

「食べる順番もなんとなく決まっていて、最初は軽い食感のスナックから始まり、味の濃いもの、米菓のような歯ごたえのあるものへと展開。最後はデザート系の甘いもので締めるというフルコースが私流の食べ方です」

アルバイトでコンビニの魅力に取りつかれる

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

しかし、彼女のユニークな点は“お菓子だけではない”ということ。高校から始めたアルバイトでコンビニの魅力に取りつかれ、どんどんのめり込んでいった「コンビニオタク」でもある。某テレビ番組の「コンビニ通選手権」「スナック&駄菓子通選手権」「お菓子通選手権」のチャンピオンにも輝いた。

「友人とコンビニに行くと『誰よりも早く入って、誰よりも遅く出てくる』と呆れられています。ついチェックしてしまうのは、ごみ箱。捨てられているパッケージを見れば、今何が流行っていて、どんなものが買われているのかがわかるので。周囲にはちょっと引かれますが(笑)」

次ページ就活はすべてのコンビニに挑戦
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT