乾燥肌は部屋やエアコンのせいじゃない 保湿力に優れたセラミドの正しい選び方

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
寒くなると乾燥肌に悩む人は多いが、お手入れを間違えなければこわくない(写真:Ushico/PIXTA)

乾燥が気になり始める季節。この時期から、どんなケアをしたらよいのでしょうか。「毎年冬場にはエアコンで肌が乾燥して・・」と言う人がいます。しかし、肌の乾燥の原因をエアコンなどの空気の乾燥に求めてはいけません。肌の潤いの仕組みを、まずは知っておきましょう。

角層の水分量が決める乾燥肌の定義

角層という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。肌の表面には、角層と呼ばれる、死んだ細胞の層があります。ここに水分が約30%あるのが正常で、それ以下になったものが乾燥肌です。

角層の水分を維持しているものは、セラミドと呼ばれる脂質です。このセラミドが水と結合して、蒸発を防ぐことで肌の水分は維持されているのです。セラミドは、赤ちゃんのときは角層内に豊富にありますが、加齢とともに生産量が減っていきます。

さらに、間違ったスキンケアがセラミドを奪うことで、乾燥肌になります。間違ったスキンケアとして多いものは、圧倒的に、強すぎるクレンジングです。クレンジングはメイクを落とすものですが、最近はさっと簡単に落ちるものが好まれます。よって、洗浄力の強いオイルクレンジングや1ステップの泡状クレンジングなどが主流になっています。これらを使い続けることが、乾燥肌の原因になるのです。

次ページ成分表示はココをチェック
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT