フィンランド、世界初の「公式絵文字」を制定

サウナやノキアの携帯電話など

 11月4日、フィンランド政府は「公式絵文字(emojis)」を発表した。フィンランド名物のサウナを楽しむ男女やノキアの携帯電話など3種類の絵文字(写真)で、パソコンや携帯電話などで使うことができる。Ministry for Foreign Affairs of Finland提供(2015年 ロイター)

[ヘルシンキ 4日 ロイター] - フィンランド政府は4日、「公式絵文字(emojis)」を発表した。フィンランド名物のサウナを楽しむ男女やノキアの携帯電話など3種類の絵文字で、パソコンや携帯電話などで使うことができる。

政府が公式の絵文字を発表したのはフィンランドが世界初。12月には30種類の絵文字が公式サイト(www.finland.fi)でダウンロードできるようになる。

外務省でパブリック・ディプロマシーを担当するぺトラ・シーマン氏は「絵文字はユーモアを交えてデザインされた。フィンランドの特徴だけでなく、われわれの強さも世界に伝えたい」と語った。

今回発表された絵文字のひとつ「ヘッドバンガー」は、髪を振り乱して踊るヘビメタファンの様子がデザインされている。また、サウナに入っている男女の絵文字には「これ以上フィンランド的なものはない」などのテキストメッセージが入っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。